Candle Night 0405 に寄せて 和ろうそく 大與(2021/2/18)


雑誌『+act.』での連載で三浦春馬さんが私たちのもとを訪れてくださったのは、2018年7月のことでした。


私たちの声に真摯に耳を傾け、学び、作られたものから何かを感じとろうとする姿勢にとても好感を持ちました。
後から聞いた話ですが、日本製での取材訪問先は、三浦春馬さんご自身で選ばれていたとのこと。
私たちのような小さなものづくりをしているメーカーに注目してくださったことに深く感謝しました。


印象に残っているのは、

約1時間の間、ろうそくを灯してから消えるまで、ゆっくりお話させていただいたことです。


共に過ごしたこの時間を

「1本の映画を見終わったよう」

と表現してくれた彼の感性の豊かさに、彼の人となりと優しさを感じました。



そのあと、

『日本製』が書籍化され、

テレビでも紹介されたことで、多くの方に滋賀県を訪れていただき、

和ろうそくのことを知っていただくことができました。


ひとえに、

三浦春馬さん、

三浦春馬さんを支えられてきたスタッフの皆さん、

ファンのみなさんのおかげです。


心より感謝申し上げます。


それだけに、

彼の訃報を知ったときは、

私たちもこれ以上ない衝撃を受け、深く悲しみました。



ともに、彼への感謝の思いに胸が熱くなりました。


何か恩返しができないだろうかと思っていたところ、

三浦春馬応援プロジェクトさんから

「彼の誕生日にキャンドルナイトがしたい。協力してもらえないか。」

とお声がけいただきました。


お話をお伺いし、

「Candle Night 0405」に灯すろうそくの制作をお受けしました。


彼女たちの思いは、三浦春馬を愛する全ての人たちと共にあります。


ぜひ、1本のろうそくに火を灯し、灯りの向こうにいる彼とお話してください。


みなさんにとって、それが素敵な映画になってくれること、彼の功績を讃え、彼への感謝を思う日になることを心より祈っています。

和ろうそく大與 大西 巧



2021・2・18

三浦春馬応援プロジェクト

春馬さんへ想いを手紙にしませんか? 宛名は三浦春馬様へ 封は開けません。 茨城県結城諏訪神社へ奉納いたします。

3コメント

  • 1000 / 1000

  • kate reomi

    2021.02.24 11:17

    ぜひ参加したいです。 今は、映画、You Tubeで春馬さんの作品を鑑賞したり、関連書籍に目を通したりしています。映画館で同じ志の方と知り合い、一緒に鑑賞したり情報交換したりして励まし合っています。 全国のファンが繋がれるといいね、と話題にした事もあります。 でも1つの組織を立ち上げ、運営するのは大変なことであり、多方面の知識も要り、ただ気持ちがあるだけではできないことですよね。 今回、この活動を知り、敬意を抱き、心より感謝いたします。 春馬さんの功績を守るために、品位あるファンとしての活動をしたいと思っている、何の力もない単なる1ファンですが、頑張りたいと思います。
  • @赤毛のアン yo-koso710ありがとうございます! 素敵な1日になるように頑張ります!
  • 楽しみにしております。