らっきょう市場訪問レポート

緊急事態宣言もあけ

車で3時間。らっきょう市場さまに改めて挨拶に伺わせていただきました。

「らっきょう畑」と書かれた標識を入っていくとそこは「らっきょうロード」という道だそう。視界が開けた瞬間に一面にらっきょう畑が広がり、らっきょうの花がとても綺麗にさいていて圧巻でした。

左右見渡す限りのらっきょう畑。

GoogleMapの衛星画像を見てみてください!みるとわかるようにこれでもかーっというほどの広大な土地にらっきょう畑は広がっていました。

らっきょう市場の有田さんの運転でらっきょう畑の端から端まで案内していただいたのですが軽く40分はかかりました。

らっきょう農家さん約75戸で構成されている畑です。


らっきょう畑の奥には、日本海が一望できました。

らっきょうさんは砂丘と同じさらさらな砂で成長します。

日本製にも記載がありましたが、細かい砂のほうがシャキシャキとした触感のらっきょうが出来上がるのだそうです。


らっきょうさんは夏まっさかりの8月~9月に手作業で植えられるそうです。

春馬くんが映っている写真と同じ場所の写真ですが、陽を遮るものは何もなく想像しただけで春馬くんが言ったように「真夏のビーチで作業をするようなもの」でした。

これは本当に大変だろうな。。。と脱帽です。


らっきょうは6~10本ほどの葉にお花が一輪咲きます。

栄養不足の株にはらっきょうに栄養を送り出すため花をさかせないそう。

花1輪の株にらっきょうさんは6~12個ほど採れるそうです。


有田さんの畑で採れるらっきょうの数は「3トン」近いそうです。

らっきょうの収穫には人手もいるそうです。


らっきょうの収穫は5月ごろ。その日を楽しみにこの日みたらっきょうの花の下ですくすく元気よく育ってくれますように。




そして、

春馬くんがらっきょうが畑になっているところを見たかったなぁと言っていました。

ラベンダー畑のようならっきょうの花。

1年で1週間しかさかず、年によっては花が少ない年もあるそう。

それにしても、見事ならっきょうの花。お天気にも恵まれ心地よい砂丘からの風を受けながら春馬くんを想いました。


有田さんも「またらっきょうの花を見に来ます」と言っていたのに。また会えると思っていたのにとおっしゃっていました。


色々なパズルがピタっと合うと思う事があります。

私も日常は仕事をしているんですが、らっきょうの花がこれほど綺麗に見る事が出来るこの日に仕事を休めた事。その日がこんなに天気で風が穏やかだったこと。


これは、春馬くんがラベンダー畑のようならっきょうの花をみんなに見せたかったのだと

今日もまた来ていた 季節外れのモンシロチョウを眺めて、そう思いました。


「みて、本当にらっきょうの花はラベンダー畑みたいだよねぇ」


と皆さんに言っていると思います。


らっきょうは「健康商品」です。


是非この機会に、継続的にルーティンでおいしく続けてみてくださいね。


<<らっきょうの効果>>
■美容、美肌に力を発揮!

美肌に欠かせないケイ素、ビタミンC、ナイアシンが含まれています。潤いを与え、シミやシワの発生を予防します!

■腸内環境改善!

血糖値の上昇や脂肪の吸収を抑え、コレステロールと中性脂肪を下げる働きがあり、ダイエット効果も!

■血液サラサラ!

ビタミンB1の吸収を通常の7倍に高める働きがあります。血液循環を良くして循環器の働きを正常化してくれます

ただし、食べすぎにはご注意を!(1日5粒までが目安です!)


2021年11月6日

三浦春馬応援プロジェクト

haru0405